衝突被害軽減ブレーキとは?

衝突被害軽減ブレーキ

自動車の先進技術のひとつとして、「衝突被害軽減ブレーキ」というものがあります。

自動車を購入するときに、この機能がついていることを検討するといいかもしれません。
テレビなどで見聞きされたことがある方も多いかもしれませんが、これは読んで字のごとく「前方の障害物をあらかじめ察知し、衝突してしまいそうな事態の際にはそれを引き起こさないように備える機能」のこと。
このブレーキが搭載されている自動車は、前を走る自動車の状況を常にコンピューターによりチェックされています。そして、前方の自動車に異常に接近したり、また前方に障害物を検知して「衝突の回避は不可能」とコンピューターが認識した時点で自動的にブレーキをかけてくれる、というのが主な機能です。
一定のスピードで走行していることが条件であったり、衝突事故を100%回避できるというわけではありません。しかし、大事故を避けるという意味では大きな役割を果たしてくれるでしょう。
スバルならアイサイト、ダイハツはスマートアシスト、日産はエマージェンシーブレーキなどと呼んでいます。
こういった機能が搭載されている車はやはり高めになりますが、安全性が高まりますので積極的に選ぶのもひとつの方法といえます。

 

闇金相談|悪徳業者にお困りの方へ

スライドドアはとても便利!

スライドドア

自動車の扉。当然どの自動車にもついていますね。運転席と助手席は一般的にはヒンジドアですが、後部座席の扉についてはスライドドアになっているものも多くあります。

スライドドアとは、車体に対して平行に開くタイプのドアのこと。ヒンジドアのように手前に引いて開けるのではなく、取っ手を横に引っ張って開けるような形です。
スライドドアのメリットは、ヒンジドアのようにドアを開けるためのスペースが不要なところです。狭い駐車場や隣の自動車との間隔が狭いような場所でも、扉が壁や隣の車にぶつかる心配がありません。
間口が広いので小さな子供やお年寄りの乗り降りしやすく、荷物の積み下ろしも簡単です。
また、今は自動スライドドアもありますね。運転席やリモコンキーからの操作で、スライドドアが自動で開閉されるものです。
とても便利なスライドドアですが、メーカーや車種によってはスライドドアの対応がなかったり、特に自動スライドドアは車体が重くなるため若干燃費に影響が出るほか、やはり値段もその分高くなります。
生活スタイルに合わせてスライドドアの採用も考えてみてはいかがでしょうか?

新古車ってなに?

新古車

「新古車」という言葉をご存知ですか?

「新しい」と「古い」という文字が入っている自動車…いったいどういうことでしょうか。
新古車というのは、他の誰かが購入するつもりで手続きを進め、一度はその人の名義登録がされたけれど、事情があってその車を手放すことになった自動車のことで「未使用車」と言うこともあります。
車の「新車」「中古車」は、その自動車が名義登録されたか否かによります。その自動車に対して初めての名義登録となれば新車、誰かが所有していて売却された自動車を次のオーナーとして名義登録すれば中古車。名義登録はされたけれど、事情があって一度もその名義人に乗られることなく手放された車が新古車となります。
つまり、誰にも乗られていないから物理的には「新しい」けれど、一度他人の名義が登録されているので扱い上としては「中古車」になる、この頭文字を取った車が新古車です。
新古車というとなんとなく不思議な感じがしますが、ほとんど乗られていないという意味では限りなく新車に近い自動車です。
一度他人名義で登録された過去がありますから、価格も安く設定されていることがほとんど。もし乗りたい車の新古車があれば、積極的に購入を検討するといいかもしれません。